ここから本文です

ドルトムント、香川ら欠くも意地の3発

7/16(日) 6:04配信

スポーツ報知

◆明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ 浦和2―3ドルトムント(15日・埼玉スタジアム)

 「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ」の浦和―ドルトムント戦が15日、行われ、ドルトムントが、トルコ代表FWエムレ・モル(19)の2得点などで3―2と逆転勝利した。浦和は前半24分、エースFW興梠慎三(30)が先制し、後半40分にDF遠藤航(24)が同点ゴールを決めるなど2得点。前日に来日した始動1週間のチームが相手とはいえ、欧州8強の強豪に善戦した。ドルトムントの日本代表MF香川真司(28)は左肩脱臼の影響で欠場した。

 意地の3ゴールで逆転勝利。ドルトムントのピーター・ボス監督(53)は「勝利することができて非常にうれしく思う」と胸をなで下ろした。

 14日に来日して翌日の試合。MF香川ら主力数人を負傷で欠く中、前半からサイドを徹底的に攻められ0―1で折り返した。後半から3バックに変更し、同31分、34分にFWモルの2得点で勝ち越し。同40分に同点とされたが、同43分にドイツ代表FWシュールレが決勝点を挙げた。フル出場し、仲良しの香川を「ユーモアがあって楽しいやつ」と語る同代表DFシュメルツァーは「非常に難しいゲームだった。さんざん手こずらせてくれたね」と苦笑いだった。

最終更新:7/16(日) 8:10
スポーツ報知