ここから本文です

楽天・則本 進化の158キロ 巨人・菅野はオール直球勝負 2回無失点競演

7/16(日) 6:05配信

デイリースポーツ

 「マイナビオールスターゲーム・第2戦、全パ3-1全セ」(15日、ZOZOマリンスタジアム)

【写真】則本8戦連続2ケタ三振、メジャー記録に並んだ!

 日本を代表する2人のエースが、ハイレベルな競演でファンを魅了した。全パ・則本(楽天)が2回無安打無失点、3奪三振ならば、全セ・菅野(巨人)も2回2安打無失点、3奪三振。今春のWBCでともに日の丸を背負い、互いに認め合う2人が、夢舞台にふさわしい投げ合いを演じた。

 二回2死。則本はゲレーロを打席に迎えた時に三塁側に目をやると、ベンチ前でキャッチボールを始めた菅野とアイコンタクト。すると右手を前に突き出すしぐさを見せた。「『真っすぐで行け』とジェスチャーしてたので、真っすぐで行きました」。これに発奮し、2球目に自己最速を更新する158キロをマーク。ボール球にはなったが、進化の証しを見せつけた。

 菅野も柳田をオール直球勝負で三振斬りに仕留め、大観衆を沸かせた。「お互い意識してますし。彼のことを尊敬していますし、向こうも僕のことを尊敬してくれてると思うので。すごくいいマウンドだったなと思います」。トップレベルの投球を見せ合うことができ、満足そうだった。

 WBCの準決勝前夜には、菅野をリラックスさせようと則本が卓球とビリヤードに誘い、2人で汗だくになって興じたこともあった。シーズン中も、お互いの成績を逐一チェックしてはメールをやりとり。互いに認め合い、一流の野球人として敬意を表している。

 2人はまたそれぞれのリーグに戻る。後半戦へ、この夜の投球が互いの弾みになる。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 16:25