ここから本文です

逮捕の男、近所も「知らない」 地味なタイプで目立たない 人物像は…

7/16(日) 22:33配信

神戸新聞NEXT

 銃刀法違反容疑で逮捕された竹島叶実容疑者(26)。殺害された南部達夫さん(83)、観雪さん(83)と同居しているが、地元でも最近の様子を知る人は多くはない。

【図】5人殺傷事件の相関図

 竹島容疑者が通った有野中学の1年後輩だった男性(26)は「当時、人と話すのはあまり得意そうではなかった」と振り返る。陸上部の短距離選手で、真面目に練習していた姿を覚えている。「テレビゲームの話はよくしていたけど、家族のことは聞いたことがない」と話した。陸上部の先輩だったという女性も「あまり会話をしたことはないが、どちらかというと地味なタイプで、あまり目立たなかった」という。

 南部さん夫妻と付き合いがあるという地元の人たちでさえ、竹島容疑者のことを「ほとんど知らない」「一緒に住んでいたなんて」と口をそろえる。近くの主婦(79)は、観雪さんが「結婚した娘(竹島知子さん)が孫を連れて帰ってきて、一緒に暮らしている」と、うれしそうに話す姿を覚えている。「孫が男の子で、かわいがっていたようだったけど、詳しいことは聞いたことがない」という。

 近所の男性(38)は「南部さんは自治会の集まりや草刈りなどによく来ていて優しそうな印象」と話すが、竹島容疑者については「顔は知っているが、南部さんの孫とは知らなかった。道で会ってもあいさつもしない感じだった」と振り返る。

最終更新:7/19(水) 16:06
神戸新聞NEXT