ここから本文です

【横浜C】カズ、移籍の本田にエール「挑戦することは素晴らしい」

7/16(日) 7:04配信

スポーツ報知

◆明治安田生命J2リーグ 第23節 横浜C1―0岐阜(15日・ニッパツ三ツ沢球技場)

 J2が15日、各地で行われ、横浜Cが1―0で岐阜に勝利し、連敗を4でストップした。左ひざの負傷で約3か月ぶりにベンチ入りしたFW三浦知良(50)=横浜C=、メキシコリーグでプレー経験のあるMF小野悠斗(25)=岐阜、同左=が、本田圭佑に自身の経験を踏まえて助言とエールを送った。

 カズがFW本田を称賛した。86年、サントス(ブラジル)の一員としてメキシコ遠征に参加。同地での試合に途中出場したが、高地で「鼻血が出た」「高地にやられ、息が続かなかった」と対応に苦慮したという。そこに31歳で飛び込むことを決めた本田を「挑戦することは素晴らしい」と断言。「国民的なスポーツで、そこの一番良いクラブでやれるわけですから、やりがいがあるんじゃないですか」と話した。

 また、メキシコ2部を中心に10~14年までプレーしたMF小野は、日本人の特長が生かしやすいリーグとの見解を示した。「戦術がすごく要求される。日本人は高い戦術眼を持っているので、アドバンテージになるかなと思う」。一方で苦労させられたのは標高差。「最初は多分難しいと思います。そんなに強く蹴らなくても飛びます」と高地順化が活躍の鍵を握ることを明かした。

最終更新:7/16(日) 7:04
スポーツ報知