ここから本文です

【スターダム】岩谷麻優が王座初防衛 二段階式飛龍原爆固めで美闘下す

7/16(日) 18:15配信

東スポWeb

 ワールド・オブ・スターダム王者・岩谷麻優(24)が16日、スターダムの後楽園ホール大会で美闘陽子(30)を下し、初防衛に成功した。

 互いを知り尽くしたスターダム1期生同士の対決は、先を読み合うスピーディーな展開になった。

 美闘は序盤から二段蹴りや水面蹴りなど得意の蹴りで攻めるが、岩谷はギリギリで回避。さらにその後も蹴りをキャッチしてドラゴンスクリューを仕掛けるなどして足を破壊していった。美闘もかたくなに蹴りを放って応戦。意地のぶつかり合いとなったが、最後は王者が得意の二段階式飛龍原爆固めでぶん投げて3カウントを奪った。

 試合後、花月の挑戦表明を岩谷は「いいよ! 面白いじゃん!」と受諾。試合については「(美闘と)2人ならもっともっとできたと思う。悔しい」と唇をかんだ。

 さらに、前王者で欠場している紫雷イオの名前を出して「本当にすごいので比べたらダメだと思う。自分はまだまだなので、自分らしくいきたい」と新たな王者像の確立を誓った。

最終更新:7/16(日) 18:15
東スポWeb