ここから本文です

日本ハム・大谷 代打で魅せた大飛球 逆風6メートルにスタンドインならず

7/16(日) 6:05配信

デイリースポーツ

 「マイナビオールスターゲーム・第2戦、全パ3-1全セ」(15日、ZOZOマリンスタジアム)

【写真】大谷、ホームランダービーも不発…

 もう一息、飛距離が足りなかった。高速スイングで放たれた打球が高々と上がる。スタンドインを祈ったがフェンス手前で失速。左翼・丸のグラブに収まった。6メートルの逆風に戻され、左飛に倒れた日本ハム・大谷は「力負けしました。いいスイングはできたけど、小川さんのボールに力があった」と素直に完敗を認めた。

 七回に代打で登場し、ZOZOマリンが大きな歓声に沸いた。1ストライクからの2球目の外角直球を逆らわずにコンタクト。持ち味の広角打法で打ち返したが「振り切れてはいなかった」と言う。

 今回の球宴では本来の打撃はできず、2試合で3打数無安打。試合前のホームランダービーも、第1戦に続き2日連続の初戦敗退。昨年に続く優勝を逃し、不完全燃焼に終わった球宴となった。

 今年の結果について大谷は「もともと少ししか試合に出てなかったので」と納得顔。左太もも裏肉離れから復帰後、野手としての出場は8試合。実戦勘が戻ってないことが影響したと冷静に分析した。

 昨オフ、球団から米球界挑戦が容認され、今年の球宴が最後になる可能性もある。「勉強になることもたくさんあった」と大谷。結果は残せなかったが、今年の夢舞台で学んだことを18日から始まる後半戦に生かし、活躍してみせる。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/23(土) 4:40