ここから本文です

【球宴】由伸監督、小林のセパ巻き込んだ“笑撃弾”に「年イチが…」

7/16(日) 6:04配信

スポーツ報知

◆マイナビオールスターゲーム2017 第2戦 全パ3―1全セ(15日・ZOZOマリン)

【写真】高橋監督から手荒い祝福を受ける小林

 ラッキーボーイがお祭り舞台で輝いた。全セの「9番・捕手」で球宴初出場した巨人・小林が、0―0の3回2死、初打席初球を左翼席に運んだ。初打席アーチは史上17人目で、さらに初球弾は4人目の快挙。3月に行われたWBCで、チームトップの打率4割5分を残した男が、なぜか両軍ベンチを喜ばせた。試合は全パが逆転で2連勝して通算成績を82勝78敗11分けとした。

 全セのコーチを務めた由伸監督にとっても仰天の一発だった。敢闘選手賞に小林がコールされると、公式戦で打てよ―と言わんばかりにベンチで帽子をたたきつけ、爆笑を誘った。WBC、球宴と大舞台での強さを問われた指揮官は「それじゃあ、オレに得はないよ」と苦笑い。さらに「後半戦は打撃も期待できるのでは」と聞かれると、「年に1本出るか出ないかなんだから」と言って、その先の言葉をのみ込んだ。

最終更新:7/16(日) 7:44
スポーツ報知