ここから本文です

西武・秋山、連日の敢闘選手賞!∨打&猛打賞も「しょぼいヒットばかり」/球宴

7/16(日) 7:00配信

サンケイスポーツ

 マイナビオールスターゲーム第2戦(15日、全パ3-1全セ、全パ2勝、ゾゾマリン)まさに“打ち出の小づち”。全パ・秋山翔吾外野手(29)=西武=が、3度目の球宴で自身初、西武の選手では2010年の片岡易之(4安打)以来7年ぶりとなる猛打賞(1試合3安打以上)。2試合連続の敢闘選手賞に輝いた。

 「きょうは、しょぼいヒットばかりでしたけどね。でも、変な当たりでもヒットになっているのはいいことだと思います。結果が出たから楽しめた」

 五回二死三塁から決勝の右翼線適時二塁打を放ったヒーローは、2戦連続のフル出場に充実の表情だ。前日14日は一回に史上9人目となる先頭打者弾。力と技で強力なパ打線のリードオフマンを勤め上げた。

 2日連続の100万円ゲットには後輩の“アシスト”があった。決勝打の直前、五回一死三塁からD3位・源田(西武)が捕邪飛に倒れ、チャンスが巡ってきた。日頃は自身の後ろを打つ2番打者に感謝しながら「先輩思いの後輩がランナーを残してくれた。ラッキーでしたね」と、いたずらっぽく笑った。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 6:50