ここから本文です

高安6連勝 唯一の1敗、正代圧倒で雪辱「集中していけた」

7/16(日) 6:01配信

スポニチアネックス

 ◇大相撲名古屋場所7日目(2017年7月15日 愛知県体育館)

 新大関の高安は先場所敗れた正代を圧倒した。右のかち上げから突っ張り、反撃を許さず突き倒し。2日目から6連勝とした。「前回(先場所)は立ち合いが甘かった。今日は集中していけた」。相撲内容が悪ければ勝っても納得しないが、この日は満足のいく相撲となった。

 全勝の白鵬と碧山を追う1敗は、高安1人だけ。「一つ一つしっかり勝っていくことが大事。今日のような相撲を心がけていく」と誓っていた。