ここから本文です

【函館記念】サトノアレス完全復活だ 身心ともに成長「良くなっている」

7/16(日) 6:05配信

デイリースポーツ

 「函館記念・G3」(16日、函館)

 昨年の2歳王者サトノアレスは15日、函館Wを軽めのキャンターで周回した。松本助手は「追ったあとも気になるところはない」と胸を張る。続けて「体のバランス、精神的にも良くなっている」と成長をアピールした。

 昨年の覇者マイネルミラノもWで軽めの調整。荒木助手は「スイッチが入った」と追い切り後の変化を口にする。枠は4枠7番。「ステイ(ステイインシアトル)が外なので動向を見ながら競馬ができる」と実戦をシミュレーションしていた。

 鳴尾記念を制したステイインシアトルは角馬場で調整。橋口助手は「乗った感触が良かったので角馬場で。逃げにこだわる必要はないと思っている」とうなずく。ルミナスウォリアーは柴山が騎乗して軽めの内容。「状態はいいね」と手応えをつかむ。巴賞2着のアングライフェンに、騎乗した安田翔師は「枠(3枠6番)もいいし、出来はピークに近い」と力を込めた。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ