ここから本文です

売れる商品へアイデア勝負 企画立案の手順学ぶ 南農高で開発講座

7/16(日) 12:40配信

琉球新報

 【豊見城】南部農林高校(新垣博之校長)は6月30日、商品開発の基本について学ぼうと、豊見城市の同校で知的財産活用支援事業講習会を開いた。講師を務めた糸満市西崎のクリエイティブファクトリー・パパラギのプランニングコーディネーターの中村美樹さんが「アイデアがユニークなヒット商品を見てみよう!」と題し、国内外の商品を紹介。「アイデアは限りなくあり、それによって物が売れる」とパッケージやアイデアの重要性を強調した。

 講習会は、県発明協会が県から委託を受けて実施している2017年度知的財産活用支援事業の一環として行われた。

 中村さんは、国内外のさまざまな商品のパッケージを持参し、そのユニークなアイデアや特徴を解説した。

 商品開発の基本として(1)商品名を考える(2)キャッチフレーズを書く(3)ターゲットを絞る(4)どこで売るか(5)商品を考えた理由(6)パッケージデザインを考える-などと説明した。

 参加したのは同高食品加工科の3年生約35人。生徒たちは六つのグループに分かれ、さまざまなご当地商品などを販売している江崎グリコの「ポッキー」の新商品について考えた。

 「犬もポッキーを食べたいかも」「半分の大きさにしたら子どもが食べやすい」「ひじきやワカメ、ゴボウなど栄養たっぷりにしてはどうか」など、自由にアイデアを出し合い、グループごとにその成果を発表した。

琉球新報社

最終更新:7/16(日) 12:40
琉球新報