ここから本文です

<都市対抗野球>ホンダ熊本・荒西が完封 日本製紙石巻降す

7/16(日) 13:28配信

毎日新聞

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は大会3日目の16日、東京ドームで1回戦3試合。第1試合は、日本製紙石巻(石巻市)とホンダ熊本(大津町)が対戦し、ホンダ熊本の先発・荒西が無失点で九回を投げきり、今大会の完封1番乗り。ホンダ熊本が4ー0で日本製紙石巻に快勝し2回戦に進出した。

【写真特集・ホンダ熊本vs日本製紙石巻】熱戦の模様を多数の写真で振り返る

○ホンダ熊本(大津町)4-0日本製紙石巻(石巻市)●

 ホンダ熊本(大津町)が快勝した。荒西は10三振を奪って6安打完封した。打線は四回に浜岡の右中間適時二塁打で2点を先取。七回は長池の左前適時打、九回は稲垣の右越えソロで点差を広げた。

 日本製紙石巻(石巻市)は9イニング中6度、得点圏に走者を進めたが、決定打を欠いた。



 ホンダ熊本(大津町)・岡野武志監督 長打ばかりは狙えないので、足を絡めて攻撃できた。2失策の守備を引き締め、次も守りからリズムに乗りたい。

 日本製紙石巻(石巻市)・前田直樹監督 攻めきれなかった。六回(1死二、三塁)の攻撃で1点でも入っていれば、展開は違っていた。自分も含め力不足です。

最終更新:7/16(日) 19:03
毎日新聞