ここから本文です

利用規約はちゃんと読んで! とある会社が「トイレ掃除」や「道路のガム除去」などを規約に追加 → 2万人以上が同意

7/16(日) 20:01配信

ねとらぼ

 英テクノロジー企業のPurpleは、同社が提供する無料Wi-Fiの利用条件に「仮設トイレの掃除」といった内容を追加したところ、約2万人以上がそれに同意したことを報告しました。

【画像:利用規約はちゃんと読んで!】

 ユーザーが無料Wi-Fiを利用する際の意識について調査するために実験的に実施したもの。利用条件にはトイレ掃除以外にも、「道路に付いたガムを取ること」や、「迷子になった犬や猫に手を差しのべること」などが2週間以上にわたって追加されていました。

 今回の実験結果は、2018年5月25日から施行される「EU一般データ保護規則(GDPR)」に準拠したという発表と同時に報告。それまでユーザーは何に同意しているのか見ないまま、チェックボタンを押してその内容を受け入れていたことが明らかになったとしています。

 そのため同社は、GDPRにあるユーザーの「明白な同意」の導入と実験結果に対応するため、プライバシーポリシー(個人情報保護方針)の内容を1600語といった長いものではなく260語まで短く変更。明確になったと同時に、ユーザーは個人データの利用方法や目的などを同意前にきちんと見直す必要があることを説明しています。

最終更新:7/16(日) 20:01
ねとらぼ