ここから本文です

<都市対抗野球>打線爆発ホンダ10得点快勝 JR四国降す

7/16(日) 16:36配信

毎日新聞

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は大会3日目の16日、東京ドームで1回戦3試合。第2試合はJR四国(高松市)とホンダ(狭山市)が対戦。ホンダ打線が2ケタ14安打で10点を奪って快勝、JR四国を10-0で降して2回戦にコマを進めた。

【写真特集・JR四国高松vsホンダ狭山】熱戦の模様を多数の写真で振り返る

 ◇○ホンダ(狭山市)10-0JR四国(高松市)●(七回コールドゲーム)

 ホンダ(狭山市)が14安打10得点で大勝した。三回に木浪の右越え3ランで先制。五回は木浪からの4連続適時長短打で4点を挙げた。七回は遠藤の適時三塁打などで3点を加えた。投げては3投手で零封した。

 JR四国(高松市)は投手陣が踏ん張れず、打線も3安打に終わった。



 ホンダ(狭山市)・岡野勝俊監督 出来過ぎ。先制点を取るまでは不安だった。(鈴鹿市と大津町のホンダ勢が初戦を突破し)そのプレッシャーが大きかった。

 JR四国(高松市)・佐野晃監督 田内の序盤は悪くはなかった。五回の犠打野選で焦りが出た。本大会はミスが出たら負け。もう一皮、二皮むけないといけない。

最終更新:7/16(日) 19:26
毎日新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 17:40