ここから本文です

【小中学校囲碁団体戦】福島 伊達中が優勝、全国大会出場権獲得

7/16(日) 7:55配信

産経新聞

 第14回文部科学大臣杯小・中学校囲碁団体戦(日本棋院、産経新聞社主催)の県大会が15日、福島市の福島囲碁会館で開かれ、伊達市立伊達中が優勝し、30、31の両日、東京都千代田区の日本棋院で開かれる全国大会の出場権を獲得した。小学校の部は、チーム編成の都合などから、前年度に続き全国大会出場を見送った。

 中学校の部には3チームが出場。総当たり戦で頂点を競った。伊達中のメンバーは、いずれも3年の半田紘太郎君、塩沢紘明(こうめい)君、板垣美里さんの3人。

 大将の半田君は「いずれも気の抜けない対局だった。勝てたのは、みんなが焦らず、自分の碁を打つことに徹したからだと思う。全国大会では一つでも多く勝てるよう、出場まで十分に練習して臨みたい」と、全国大会での健闘を誓った。

最終更新:7/16(日) 7:55
産経新聞