ここから本文です

ムロツヨシが告白 3、4年前まで生活費借金あった 「食えない月がやってくる」

7/16(日) 10:13配信

デイリースポーツ

 俳優のムロツヨシ(41)が16日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜、前7時)に出演し、3年前まで借金があり、“食える”状態ではなかったと明かした。

【写真】ムロツヨシ、人生初の握手会に2000人!「ムロ会」の存在明かす

 この日は安田顕(43)、佐藤二朗(48)という人気俳優3人がトークをした。「食えるようになったのはいつか」という話題で、TEAM NACKSとして早くから北海道で人気だった安田は「26、27の時には…」と告白。佐藤は33歳の時を振り返り、現在の妻が30歳になろうというタイミングで、アルバイトをしていないことに気付いたことが結婚のきっかけとなったとした。

 話を聞いていたムロツヨシは、自分については「3年、4年前だと思います」と切り出し、2人を驚かせた。10年以上前から、多くの作品に出演しているのは周知の通り。とっくに“食える”ようになっていたと思われていたが、これには事情があった。

 ユースケ・サンタマリアの助言で「30歳でバイトをやめた」というムロツヨシは、そのころから、生活費の借金が増えていったという。「借金が返せて、来月も再来月も食えるってなったのがちょうど3年前とか」と明かした。

 「食える月はあるんです。食えない月がやってくる」という不安定な世界ならではの実情を語ったムロツヨシは「食えた瞬間から、この継続がそうとう大変だなって(感じた)」としみじみ。安田、佐藤も同調していた。