ここから本文です

日本がブラジル破る=バレー女子ワールドGP

7/16(日) 17:38配信

時事通信

 バレーボール女子のワールドグランプリ(GP)は16日、1次リーグの仙台大会最終日がカメイアリーナ仙台で行われ、世界ランキング6位の日本は前回覇者で世界4位のブラジルに3―2で競り勝ち、前週のオランダ大会から通算4勝2敗とした。

 日本は古賀(NEC)、奥村(JT)の強打などで2セットを連取。続く2セットはブロックに苦しめられて失ったが、最終セットは粘り強く守って17―15で制した。

 1次リーグ第3週は21~23日に香港で行われ、8月の決勝大会(中国・南京)進出を争う。日本は中国、セルビア、ロシアと対戦する。 

最終更新:7/16(日) 19:05
時事通信