ここから本文です

乾、中村組は4位―世界水泳デュエットTR

7/16(日) 20:30配信

時事通信

 【ブダペスト時事】水泳の世界選手権第3日は16日、ブダペストで行われ、シンクロナイズドスイミングのデュエットテクニカルルーティン(TR)決勝で、予選4位の乾友紀子、中村麻衣組(井村シンクロク)は92.0572点で4位となり、この種目で日本勢2大会連続のメダルを逃した。ロシアペアが95.0515点で勝ち、2位は中国、3位はウクライナ。

 飛び込みの女子シンクロ高飛び込み予選では佐々木那奈、荒井祭里組(JSS宝塚)が10位となり、上位12組による決勝に進んだ。

 オープンウオーター女子10キロの森山幸美(日体大)は20位、リオデジャネイロ五輪代表の貴田裕美(コナミスポーツ)は23位だった。 

最終更新:7/16(日) 20:34
時事通信