ここから本文です

巡ってきた一番、果敢に=宇良、最後は「裏返し」-大相撲名古屋場所

7/16(日) 21:02配信

時事通信

 変幻自在な動きを見せる宇良が、結び前で白鵬に初挑戦。見る者の心を躍らせた一番は、期待を裏切らなかった。

 25歳の新鋭は、立ち合いで右手を出し、上手を狙って左に動いたり、細かく突いてきたりした横綱の攻めを、頭を上げずに我慢。反撃の機会をうかがった。

 視線に入った横綱の足を狙って果敢に飛び込み、その流れで右で下手を引いた。館内の空気を一瞬変えたが、最後はすくい投げであおむけにされた。それでも土俵際では上体を反り、右足一本でこらえる粘りも見せた。

 宇良は「気づいたら、宙を舞って頭から落ちていた」と完敗の弁。白鵬は冷静な反応で貫禄を示し、「宇良を裏返したね」と口も滑らか。「お客さんは満足していたと思う。柔らかさがあったし、いいものがある」と、宇良の健闘ぶりも認めた。

 稀勢の里ら2横綱1大関が休場したことで、東前頭4枚目の宇良に挑戦の機会が巡ってきた。看板力士の不在を感じさせないほど館内を沸かせた一番は、「もっと強くなりたい」と心から思える貴重な経験になった。

最終更新:7/16(日) 21:05
時事通信