ここから本文です

筑後川で男性遺体=豪雨犠牲者の可能性―佐賀県警

7/16(日) 21:24配信

時事通信

 16日午後5時10分ごろ、佐賀県みやき町の筑後川で男性がうつぶせで浮いているのを、小型船でエビ漁をしていた近所の住民が見つけ、漁業関係者を通じて119番した。

 駆け付けた県警鳥栖署員が男性の死亡を現場で確認した。

 九州北部豪雨で大きな被害が生じた福岡県朝倉市や大分県日田市は筑後川流域にある。佐賀県警は男性が豪雨の犠牲者の可能性もあるとみて、福岡県警と連携し、身元の確認や死因を調べる。 

最終更新:7/16(日) 22:18
時事通信