ここから本文です

【宮城】東陵 雨中の打撃戦に競り勝ち、初戦突破!

7/16(日) 18:45配信

スポーツ報知

 ◆全国高校野球選手権宮城大会 ▽2回戦 東陵6―4大崎中央(16日・コボパーク)

 第2シードの東陵が雨中の接戦を制し、初戦を突破した。初回、2回と2点ずつを奪い、主導権を握ったが、中盤に流れをつかんだのは大崎中央。まず6回に1点差とされた。2点差に広げて迎えた7回にも1点差に迫られ、なおも2死二、三塁と一打同点、逆転のピンチを招いた。

 それでも、リードを最後まで守った内容に、千葉亮輔監督(46)は「スコア以上に難しい、苦しい試合でした。後攻でしたので、最悪同点で延長でもという頭は持っていました。(先発の)佐藤は悪いながらも失点は1点ずつ。要所を締めるのが佐藤の持ち味なので」と振り返った。

 7回を11安打4失点だった先発の佐藤瑞輝投手(3年)は「言い訳はしたくないけど、ボールが滑って荒れていた。失投が多く全然ダメでした」と反省していた。

最終更新:7/16(日) 18:57
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/22(土) 4:50