ここから本文です

【函館記念】6歳ルミナスウォリアー 重馬場の激戦制して重賞初制覇

7/16(日) 15:34配信

スポニチアネックス

 サマー2000シリーズ第2戦「第53回函館記念」(G3、芝2000メートル)が16日、函館競馬場11Rで行われ、柴山雄一騎手騎乗の5番人気・ルミナスウォリアー(牡6=和田厩舎、父メイショウサムソン、母ルミナスハッピー)が勝利した。1馬身半差の2着に14番人気・タマモベストプレイ、さらに頭差の3着には7番人気・ヤマカツライデンが入った。

 中団で競馬を進めたルミナスウォリアー。四角で外から手応えよく先頭に並びかけて直線半ばで抜け出した。1番人気・2歳王者のサトノアレスは直線で追い込んだが、上位争いには食い込めず6着だった。勝ちタイムは2分01秒2(重)。

 勝ったルミナスウォリアーは6歳にして重賞初勝利。前走金鯱賞5着から4カ月の休養をへて、見事に巻き返した。鞍上の柴山は今年重賞初勝利。管理する和田正一郎師はうれしいJRA平地重賞初勝利となった。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ