ここから本文です

マンUモウリーニョ監督 Cロナウド獲得を否定「獲得が不可能な選手」

7/16(日) 17:11配信

スポニチアネックス

 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のジョゼ・モウリーニョ監督(54)が、レアル・マドリード(スペイン)からポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)を獲得する可能性を否定した。16日に英BBC放送(電子版)が伝えた。

 プレシーズンツアーで滞在中の米国で、ロナウドについて問われたポルトガル人指揮官は「獲得が不可能な選手なのだから、クラブに無駄な時間を使わせるつもりはない。ロナウドはレアル・マドリードで非常に重要な選手。経済面で大きな力のある選手だ。ロナウドが退団する理由を見つけることができない」とコメントし、先月に退団報道が出たロナウドは残留するとの見方を示した。今月7日にスペイン紙アスは、ロナウドが残留を決断したと報じているが、本人やクラブはコメントしていない。

 また、英メディアなどで獲得に動いていると報じられたRマドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)について、モウリーニョ監督は「残念だ。私がトップチームに引き上げた選手であり、特別な関係にある。ユベントスとマドリードで成長していく姿は、私も嬉しく思えた。しかし、彼の所属先(Rマドリード)と合意に達しなかった。我々のもとに来るとは思っていない」と、クラブ間交渉が決裂したことを明かした。