ここから本文です

【函館記念】1番人気のサトノアレス、重馬場に苦しみ6着に終わる

7/17(月) 7:03配信

スポーツ報知

◆第53回函館記念・G3(16日・芝2000メートル、函館競馬場、重)

 サマー2000シリーズ第2戦の第53回函館記念・G3は16日、函館競馬場の芝2000メートルで行われた。4角で先行集団に外から取り付いた5番人気のルミナスウォリアー(柴山)が直線で抜け出して重賞初制覇。2着は14番人気のタマモベストプレイ、3着には7番人気のヤマカツライデンと先行勢が踏ん張り、3連単は91万5320円のレース最高配当となった。1番人気のサトノアレスは6着に終わった。

 1番人気に支持された昨年の2歳王者サトノアレスは、見せ場をつくることなく6着に敗れた。道中は中団のインを進み、直線ではスムーズに外へ導かれたが、末脚は不発。初の重馬場で力を発揮しきれず、「スムーズな競馬はできたが、まだ3歳で馬が若い。最後は伸びてはいたが、直線も短かった。広いコースの方があっているかもしれない」とルメールは振り返った。

 上位3頭は6、7、8枠。朝からの降雨で馬場は内から荒れており、結果的に最内1番もあだとなった。「今日は内枠だったし、仕方がない。最後まで伸びていたし、よく頑張った。良馬場だったらね」と藤沢和調教師。今後は秋まで休養に入る。

最終更新:7/17(月) 7:05
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ