ここから本文です

上西議員の”暴論”にサッカー通JOY、たまらずつぶやく「ファンタジスタだ」

7/16(日) 22:58配信

スポニチアネックス

 大のサッカー通で知られるタレントのJOY(32)が16日、自身のツイッターを更新。ツイッター上で公開した私見がサッカーファンの怒りを買っている衆院議員の上西小百合氏(34=無所属)を「ファンタジスタだ」と揶揄(やゆ)した。

 JOYは15日に埼玉スタジアムで行われた浦和とドルトムント(ドイツ)の国際親善試合で、生中継したフジテレビのゲスト解説(副音声)を担当。同じく大のサッカー通で知られる歌手の小柳ルミ子(65)とともに試合を熱く盛り上げた。浦和は前半に先制。後半に点の取り合いとなって2―3で惜敗したが、小柳とともに愛情たっぷりのトークでファンを沸かせた。

 だが、上西氏は15日に自身のツイッターを更新し「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とツイート。サポーターから怒りの声が殺到すると、「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」と火に油を注いだ。

 この騒動に反応したJOYは「上西議員はレッズとドルトムントのあの試合を観てああいう感想に辿り着くのか。ファンタジスタだ」とツイート。「正解なんてないけど、昨日その考えに至った人は非常に少ないと思う。人間って面白い」と続け、「話は変わるが、、ザスパは今日も負けてしまった。。」とこの日行われたJ2リーグ戦で自身が応援するザスパクサツ群馬が7連敗を喫したことにも触れ、サッカーへの愛情と悔しさをにじませていた。