ここから本文です

井上の対戦相手・ニエベス断言「60%自分が勝つ」

7/17(月) 7:04配信

スポーツ報知

 9月9日(日本時間同10日)に米カリフォルニア州で行われるプロボクシングのダブル世界戦などの会見が15日(同16日)に同州で行われ、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24)=大橋=の米国初進出の相手で同級7位のアントニオ・ニエベス(30)=米国=らが出席した。

 ニエベスは日本メディアに対し、井上について「偉大な選手。非常に強いが、彼が階級を上げてきたのに対し、自分は階級を下げてきた。勝てる確率は自分の60%だ」と分析。強豪の井上との対戦を受けた理由については「受けない理由があるか? 世界でベストに入る選手だから試合を受けた」と語った。

 メインのリングに上がる元世界4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(30)=ニカラグア、帝拳=は、現WBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)と、調整試合を挟まないダイレクトリマッチを行う。「ハードワークをして王者に返り咲く」と雪辱を誓った。

最終更新:7/24(月) 22:09
スポーツ報知