ここから本文です

【MLB】ロイヤルズの右腕N.カーンズ、肋骨除去手術で今季絶望

7/16(日) 13:42配信

ISM

 カンザスシティ・ロイヤルズの右腕ネート・カーンズ投手が現地15日、前腕の痛みの原因となっている胸郭出口症候群を治療する目的で、肋骨を除去する手術を受けることがわかった。これにより今季絶望となるもようだ。

 メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』は、カーンズは19日に手術を受ける予定だと伝えている。胸郭出口症候群とは、下頸部から脇の下にかけての神経や血管が圧迫されることで起きるという。

 29歳のカーンズは今季ここまで8試合の先発登板で、2勝2敗、防御率4.17の成績。新天地ロイヤルズで期待に応える滑り出しを見せていたが、右前腕の張りのため5月24日に故障者リスト入りしていた。(STATS-AP)

最終更新:7/16(日) 13:42
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/28(金) 14:45