ここから本文です

【MLB】ヤンキース、延長16回の激闘制す! 指揮官「大きな勝利」

7/16(日) 14:13配信

ISM

 ニューヨーク・ヤンキースは現地15日、敵地でボストン・レッドソックスと対戦。延長16回、およそ5時間50分にも及んだ激闘に勝利した。

 ヤンキースは3回、レッドソックスのミッチ・モアランド一塁手に犠牲フライで先制点を許した。9回には指名打者マット・ホリデーが16号ソロを放ち、同点に持ち込んだものの、その後は5イニングにわたって両チーム一歩も譲らず。

 1対1の同点のまま迎えた延長16回、ヤンキースはジャコビー・エルズベリー外野手の二塁打を皮切りに、ディディ・グレゴリアス遊撃手がタイムリーを放って勝ち越し点を奪った。その後も、オースティン・ロマイン一塁手などの活躍で、レッドソックスを3点差に突き放し、そのまま逃げ切った。

 ヤンキースのジョー・ジラルディ監督はこの勝利について「すごく気分が良い」とご満悦の様子。最近26試合のうち19試合に敗戦していることにも触れ、「チームがこのような状況の中で、今日の勝利は非常に大きいものだ」と語った。(STATS-AP)

最終更新:7/16(日) 14:13
ISM