ここから本文です

【MLB】ジャイアンツ、パドレスにサヨナラ負け バムガーナー復帰戦7回3失点

7/16(日) 17:05配信

ISM

 サンフランシスコ・ジャイアンツは現地15日、敵地でサンディエゴ・パドレスと対戦。先発のマディソン・バムガーナー投手がこの試合から戦線復帰を果たして力投を見せたが、ジャイアンツはさよなら負けを喫した。

 ジャイアンツは3対3の同点で迎えた9回、4番手のスティーブン・オカート投手が、パドレスのエクトル・サンチェス捕手にサヨナラ2ランホームランを許し、敗戦した。

 パドレスのアンディ・グリーン監督はサンチェスについて、「限られたチャンスをものにするから、彼がプレーするのは観ていて楽しい。数字を見ただけでは分からないかもしれないが、彼は何度もチームに勝利をもたらしてくれている」と誇らしげにコメントした。

 一方さよなら負けを喫したジャイアンツにも収穫はあった。今年4月にバイク事故で左肩を負傷し、この試合から戦線復帰した先発マディソン・バムガーナー投手は、2被弾を許して7回3失点。勝敗はつかなかったものの、まずまずの仕上がりを見せた。バムガーナーは自身の投球について「終始いい感じだった」と語っている。

 ブルース・ボウチー監督は「彼が戻ってきてくれて本当にうれしいよ。彼の存在感は素晴らしい。チームに勝利の機会を与えてくれるような、さすがの先発力」と、終始ケガ明けの左腕を絶賛していた。(STATS-AP)

最終更新:7/16(日) 17:05
ISM