ここから本文です

【NBA】ハーデンが“生涯ロケッツ”を宣言、優勝に意欲

7/16(日) 17:17配信

ISM

 先週、リーグ史上最高額となる契約を結んだヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンは現地15日、“生涯ロケッツ”を明言し、同チームに再び優勝をもたらしたいと意気込みを語った。

 今後6年間で2億2,800万ドル(約256億6,000万円)を保証することになる4年間の“スーパーマックス”契約にサインしたハーデンは、「自分がどこで現役を終えたいか、そして、どこでリーグ制覇をしたいか分かっている。すべてはヒューストンで起こるだろう。それが、生涯ここにいる理由だ」と、語った。

 ロケッツは、2012年のトレードでオクラホマシティ・サンダーからハーデンを獲得して以来、同選手を中心にチーム作りをしてきた。ダリル・モーリーGMは、27歳のハーデンとの契約を2022-23シーズンまで延長するために大金を払う決断は、たやすいことだったとし、「契約には難しい決断もあるが、これは簡単だった。もっと支払うことができれば、我々はそうしているだろう」と、ハーデンがチームに欠かせない存在であることを強調した。

 ハーデンは昨季、リーグ2位の平均29.1得点、リーグ1位の平均11.2アシストをマークし、MVPレースでラッセル・ウェストブルック(サンダー)に次ぐ2位の得票数を獲得。キャリア最初の7シーズンでわずか67回だったダブルダブル数は、昨季1シーズンだけで64回を記録した。これまでの通算が9回だったトリプルダブルも22試合でマークした。

 ロケッツは先月、オールスター9回出場のポイントガード、クリス・ポールをトレードで獲得。ハーデンが頼りになる相棒を得たことで、1994年、1995年の2連覇以来のタイトル獲得に期待が高まっている。(STATS-AP)

最終更新:7/16(日) 17:17
ISM