ここから本文です

(朝鮮日報日本語版) オク・ソリ、夫のイタリア人シェフとの離婚説出回る

7/16(日) 10:19配信

朝鮮日報日本語版

 女優オク・ソリの離婚説が持ち上がった。

 あるメディアが15日、「オク・ソリがイタリア出身のシェフと別れた」と報じた。同メディアによると、二人は2014年に台湾へ移り、その後まもなく離婚。このシェフは昨年、米国系の台湾女性と再婚したという。

 オク・ソリは07年に俳優パク・チョルと離婚し、11年にこのシェフと再婚した。パク・チョルとの間には1女、シェフとの間には1男1女をもうけた。14年には芸能界復帰を打診したが、シェフに関する問題で白紙になり、その後は台湾で生活を続けていた。

 オク・ソリは1998年にパク・チョルと結婚したが、07年にパク・チョルから姦通の罪で告訴された。同年、オク・ソリは憲法裁判所に姦通罪の違憲法律審判を請求し、憲裁は08年に合憲決定を下した。合議した裁判官9人のうち、賛成意見は5人、反対意見は4人だった。その後、オク・ソリは08年12月に懲役8カ月、執行猶予2年を言い渡され、姦通での有罪が確定した。なお、姦通罪が廃止となった後、再審請求を予定していると表明したが、まだその動きはないという。