ここから本文です

復興特別大使に委嘱 福島青年管弦楽団 8月、タイで演奏

7/16(日) 9:27配信

福島民報

 福島民報社は15日、福島市の中高生と大学生らでつくる福島青年管弦楽団を、「ふくしま復興特別大使」に委嘱した。期間は1年。団員は8月、タイ・バンコクで演奏し、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を歩む県内の現状を伝える。
 委嘱状交付式を同日、福島市の民報ビルで行った。団員42人のうち約30人が出席した。遠藤義範常務が「管弦楽団の事業目的に『被災地福島の元気そして現状を世界に向けて発信する』とある。これは復興特別大使の目的そのもの」と述べ、団員の活動に期待した。管弦楽団の斎藤弘樹代表理事(44)は「震災から6年間の思いを音楽に乗せて伝えてほしい」と願った。
 遠藤常務がキャプテンの斎藤ゆきみさん(17)=橘高3年=に委嘱状を手渡した。副キャプテンの渡辺陽由さん(17)=福島高3年=が「(英国、米国への)海外遠征を経験し世界に発信する目的を達成してきた。タイ・バンコクでも任務を果たしたい」と誓った。
 団員のうち40人が8月15日から20日にバンコクに滞在する。コンサートを催しチャイコフスキー「ピアノ協奏曲第一番」「交響曲第五番」などを演奏する。孤児院を訪問して子どもたちと交流したり、バンコク市内を見学しタイの文化に触れたりする。コンサートは18日を予定していたが、会場の都合で17日に変更した。

■8月、南相馬と福島で演奏会

 タイ訪問に先立ち8月12日午後2時から南相馬市民文化会館、同14日午後2時から福島市音楽堂でコンサートを開く。福島県南相馬市でのコンサートは聴衆の心の復興を支援するため無料にする。原町一小と原町一中の児童生徒がゲスト出演する。いずれもタイ公演と同様の曲を披露する。
 福島市でのコンサートの前売り券は大人1500円、高校生以下500円。当日券は各500円増。問い合わせは斎藤代表理事 電話090(2791)0779へ。

■福島青年管弦楽団メンバー

 ▽フルート=樋口葵(蓬莱中2年)▽オーボエ=今泉友希(福島高2年)山倉夏美(桜の聖母学院高2年)▽クラリネット=吉田真優、松浦美咲(福島二中3年)▽ファゴット=古田孝亮(千葉大1年)金子和花奈(福島一中2年)▽ホルン=佐藤未来、佐藤菜桜(福島南高2年)千田捺月(福島高1年)▽トランペット=鹿間欧我(福島高1年)岡部真林(福島二中3年)▽トロンボーン=渡辺陽由(福島高3年・副キャプテン)吉成花音(蓬莱中2年)渡辺羽由(伊達中3年)佐藤日南(福島三中3年)大橋茉央(山形大1年)▽パーカッション=幕田悠吾(福島成蹊高2年)佐藤弥生(福島高1年)河野友紀(橘高2年)▽第一バイオリン=斎藤ゆきみ(橘高3年・キャプテン)宍戸煕香(福島成蹊高2年)渡辺樹(橘高2年)渡辺和音(福島大付属中3年)鈴木南々瀬(橘高1年)伊達叶華(蓬莱中2年)▽第二バイオリン=佐藤綾香、相沢志帆(桜の聖母学院高2年)服部未来子(福島大4年)大槻美砂(福島高2年)山崎優子(福島高1年)遠藤綾乃(福島大3年)▽ビオラ=緑川香菜子(蓬莱中3年)千田桃歌(橘高3年)渡辺ゆきの(橘高1年)▽チェロ=遠藤寧々、斎藤由樹、高橋彩夏(橘高2年)▽コントラバス=渡辺紘奈(福島成蹊高3年・副キャプテン)菊地野乃(福島大付属中3年)高橋幸之介(橘高2年)紺野都(東京家政大1年)

福島民報社

最終更新:7/16(日) 11:09
福島民報