ここから本文です

7年ぶり海開き いわきの薄磯海水浴場

7/16(日) 10:29配信

福島民報

 東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた福島県いわき市の薄磯海水浴場が15日、7年ぶりに再開した。県内外から海水浴客が訪れ、浜辺に歓声が響いた。
 海開き式が行われ、いわきの魅力をPRするサンシャインガイドいわきの3人や地元の高校生、来場者が一斉に海に駆け込んだ。この日は夏の日差しが照り付ける絶好の海水浴日和となり、約1800人が来場した。
 震災前年の2010(平成22)年、同海水浴場の年間来場者数は約26万人を記録し、県内で最も多かった。
 15日はいわき市内の四倉海水浴場と勿来海水浴場でも海開きが行われた。県内の主要17海水浴場のうち、三海水浴場以外の14カ所は今夏、砂浜や防潮堤の復旧工事が完了していないことなどから、昨夏に続いて海開きを見送った。

福島民報社

最終更新:7/16(日) 11:09
福島民報

Yahoo!ニュースからのお知らせ