ここから本文です

張本氏、大谷の大荒れ今季初先発に「野球選手としてだめになるかも」

7/16(日) 9:07配信

サンケイスポーツ

 野球評論家の張本勲氏(77)が16日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。12日のオリックス14回戦(京セラ)に先発として今季初登板した日本ハム・大谷翔平投手(23)について、「だめだな。状態が悪いな」と切り捨てた。

 大谷は1回1/3を投げて2安打4失点3四球で黒星を喫した。最速は二回、小谷野に投げた158キロ。四球と2安打で満塁とされ、大城に押し出し四球を与えたところで球数制限内の29球で降板した。全29球中、21球が直球で課題は残ったが、4月8日の試合で左太もも裏を肉離れした敵地で、第一段階をクリアした。

 張本氏は大谷の現状について、「こういう状態でだめになった選手はごまんといるからね。野球選手としてだめになるかもわかりませんよ。ですからいま気をつけないと、治して」と心配していた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 12:15