ここから本文です

欅坂46志田さん推すタワレコ川口店 担当者熱意で予約増、本社驚き

7/16(日) 7:30配信

埼玉新聞

 埼玉県川口市並木元町の「タワーレコードアリオ川口店」は、アイドルグループ「欅坂46」のメンバー志田愛佳さんを応援する店づくりをしている。担当するのはグループを愛する田代貴之さん(29)。「どの店よりも面白くしたい」という熱意のかいあって、「志田推しの店を見よう」とファンが訪れるようになっている。

 田代さんの推しメン(推すメンバー)はもちろん志田さん。「単純にタイプで面白いところが好き」と、デビューから応援している。店舗掲示用の志田さんの直筆サインが、この時勤めていた東京都内のららぽーと立川立飛店に偶然届いたことにも「運命を感じた」という。

 グループがまだ知られていない中で、1人のメンバーにいち早く注目した売り場は短文投稿サイト「ツイッター」で広まり、知られるようになった。

 田代さんは昨年の12月、川口店へ異動。当然店を「志田推しの店」にした。異動はファンが出す「欅坂新聞」に掲載された。4月に発売したシングル曲の予約数は、全国のタワーレコードで大型の渋谷店に次ぐ2位となり、本社を驚かせた。

 店では欅坂の関連書籍も扱い、アイドル誌とのコラボ企画も行う。CDを購入した客は「渋谷まで行かなくても何でもそろうからうれしい」と話す。

 「鮮度が大事」「毎日やり残しがないようにする」と、店の公式ツイッターでの情報発信、ポップの更新などにいつも気を配る。使ったポップについての問い合わせでも「喜んでくれるならそれでいい」と言い切る。

 「記憶に残る店にしたい」「欅は歌もダンスも本当にいい」「メンバー全員がそろったライブをいつかここでやりたい」。田代さんは語り始めると止まらない。「3日は軽く飲まず食わずでいける」と笑う。

 19日には待望のファーストアルバムが発売される。「今回の展開は店員人生を懸けてます」。田代さんは売り場を出す18日に向けて燃えている。

最終更新:7/16(日) 10:44
埼玉新聞