ここから本文です

ユベントスが130億円を拒否!チェルシーにイグアインは渡せない

7/16(日) 13:08配信

SPORT.es

ダニ・アウベスとレオナルド・ボヌッチを放出して以降、ユベントスはこれ以上の選手を売却することはなさそうである。少なくともゴンサロ・イグアインに届いたオファーは拒否している。実際、ユベントスはチェルシーからのイグアインに対する1億ユーロ(約130億円)のオファーを断っている。

チェルシーの監督アントニオ・コンテの要望を聞いたオーナーのロマン・アブラモヴィッチは、ユベントスに接触を試みたということである。

コンテは、近日中にアトレティコ・マドリードへの復帰が示唆されているジエゴ・コスタの代役となるストライカーを探している。
ピッチ上でのコスタのパフォーマンスには満足をしていたものの、両者の関係は決して良いものとは言えない状況であり、もう1年チェルシーで2人が共に働くのは非常に厳しいのは事実である。そのため、過去にユベントスの監督も務めたことがあるコンテは、アブラモヴィッチにイグアインが自身のプロジェクトにとって理想的なストライカーだと説得し、獲得に動き出したもののユベントス側はこのオファーに対して断固拒否の姿勢を示している。

ユベントスはチェルシーが獲得を狙うアレックス・サンドロについても売却の意思がないとしている。ブラジル人サイドバックのサンドロを監督コンテも非常に評価しており、チェルシーは7,000万ユーロ(約90億円)のオファーを出しているものの、今夏ユベントスを離れることはなさそうである。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:7/16(日) 13:08
SPORT.es