ここから本文です

コロンビアの3拍子揃った逸材、来年はバルサ移籍ほぼ確定

7/16(日) 14:52配信

SPORT.es

パルメイラスでプレーするコロンビア代表DF、ジェリー・ミナの将来はやはりバルセロナにあるようだ。
そして、これまで噂されていたように彼の加入はバルサにとってこれから始まる今シーズンではなく、2018-2019シーズンに向けた補強となるが、1年以内に彼がやって来るのは確かだと思われる。

ジェリー・ミナのマネージメントを担当する会社でバルサと交渉を行った『GMRSports』の代理人の1人、フェリペ・ルッソが“FCInternews.it”のインタビュー内でその事実性をさらに高める発言を行っている。

ルッソはジェリー・ミナについてこのように話した。
「現在、彼はブラジルに残る。その後、2018年にリーガ・エスパニョーラにやって来るだろう。それは実質、決まっている。彼の夢は常にチーム・アスルグラナでプレーする事だった。彼はパルメイラスにもう1年残る。何故なら彼は調子が良く、W杯に向けてコンディションを保つ事を望んでいるからだ。私の見解では彼に関する物事が変わる可能性は0%だ。」

最近では、インテル・ミラノもジェリー・ミナの獲得に大きな関心を寄せているとイタリア国内で報じられていた。

ミナはフィジカルに定評があり、特に空中戦では190cm以上の身長を活かして戦うセンターバックだ。

(文:JOSEP CAPDEVILA)

SPORT.es

最終更新:7/16(日) 14:52
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合