ここから本文です

磐城・上遠野さんが全国へ 高校将棋竜王戦福島県予選大会

7/16(日) 11:09配信

福島民友新聞

 高校生棋士の県ナンバーワンを決める第30回全国高校将棋竜王戦県予選大会は15日、福島市の福島民友新聞社で開かれ、上遠野太一さん(磐城2年)が優勝した。上遠野さんは8月16、17の両日に福岡市で開かれる全国大会に出場する。
 準優勝は、野田大輔さん(福島2年)、3位は矢吹拓己さん(郡山萌世2年)だった。日本将棋連盟県支部連合会、読売新聞東京本社福島支局、福島民友新聞社の主催、県高校将棋連盟の共催。
 県内の高校生33人がトーナメント方式で競った。決勝では上遠野さんと野田さんが対戦。「角換わり腰掛け銀」の戦型となった序盤から先手の野田さんが仕掛けたが、上遠野さんが攻勢をうまく受けきり、攻勢に転じて寄せきった。
 上遠野さんは「(野田さんとの対戦では)いつも自分から仕掛ける将棋が多いが今回は逆になった。うまく受けきれたことが勝因」と振り返り、全国大会では「気張らずに一局一局を指し、優勝を目指したい。自分の力を試したい」と意気込みを語った。

福島民友新聞

最終更新:7/16(日) 11:09
福島民友新聞