ここから本文です

予選でトラブルのリカルド。パワーユニット交換もスタートグリッド変わらず/F1イギリスGP

7/16(日) 20:23配信

motorsport.com 日本版

 間も無くスタートを迎えるF1イギリスGP。19番グリッドスタートのダニエル・リカルド(レッドブル)は、多くのパワーユニットのコンポーネントの変更を行った。

【リザルト】F1イギリスGPスターティンググリッド

 リカルドはイギリスGPの予選Q1でターボのトラブルに見舞われ、マシンをストップせざるをえなかった。そのため、予選最下位に終わったものの、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが30グリッド降格ペナルティを受けるため、19番グリッドからスタートすることになっていた。

 レッドブルは、決勝に向けて新しいエンジン(ICE)、ターボチャージャー(TC)、MGU-H、MGU-Kを、リカルドのマシンに搭載することを決定した。しかし、これらのコンポーネントのうち、MGU-Hのみがシーズン中に使用が許されている上限の4基を超えた5基目であるため、合計でも10グリッド降格で済むということになり、アロンソの後ろに下がる必要はない。

 リカルドは土曜日に、トラブルについて次のように語った。

「僕はそれがターボに関係していると思っていた。最初に聞いた”異音”は、正常には聞こえなかったんだ」

「エンジンがどう動いているのか、僕は正確には分からない。でも、ターボの音がどう聞こえるかは知っている。本当に奇妙な音が鳴り始めたんだ」

「その後、エンジンのセーフティモードの観点により、すべてのスイッチを切ったんだ」

Jonathan Noble