ここから本文です

サンマ 漁獲枠新設は合意できず

7/16(日) 13:05配信

ホウドウキョク

サンマの資源保護をめぐり、北海道・札幌市で開かれていた国際会議が閉幕し、日本が提案した国や地域別の漁獲枠の新設は、中国などの反発により合意できなかった。
8つの国と地域が参加して開かれた会議では、漁獲枠を提案した日本に対し、台湾が理解を示した一方で、漁獲量を縛られたくない中国が猛反発、韓国とロシアも難色を示したことから、合意に至らなかった。
神谷水産庁資源管理部長は「中国としては、それほど資源が減ったという認識はないと」と述べた。
一方で、乱獲防止のために今後1年間、サンマ漁船を増やすことを禁止する措置では合意し、漁獲枠については、2018年7月に、日本で行われる次回の会合で、再度議論することになった。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/16(日) 13:05
ホウドウキョク