ここから本文です

現職に新人2人が挑む構図 横浜市長選、きょう16日告示

7/16(日) 6:33配信

カナロコ by 神奈川新聞

 任期満了に伴う横浜市長選が16日に告示される。投開票日は30日。3選を目指す現職に、新人2人が「反カジノ」と中学校給食実現を訴えて挑む構図となりそうだ。前回3割を切った投票率の行方も焦点となっている。

第一声の場所は

 立候補を表明しているのは、いずれも無所属で、元衆院議員の長島一由氏(50)、現職の林文子氏(71)=自民、公明推薦、前市議の伊藤大貴氏(39)=表明順。

 前回(2013年8月)の投票率は29・05%と過去最低を記録。単独市長選となった1978年以降は、衆院選と同日となった2009年以外はいずれも30%台にとどまり、課題になっている。

 15日現在の市内の有権者数は310万9388人(男154万540人、女156万8848人)。