ここから本文です

事故、振り込め注意して 合同ふれあい警察展

7/16(日) 18:18配信

カナロコ by 神奈川新聞

 相模原市内の警察3署による合同ふれあい警察展が15日、同市南区の相模原ギオンスタジアムで行われた。各署管内の交通安全協会、安全運転管理者会、交通安全母の会連合会、各区地域振興課から約70人が参加し、来場者に事故防止や振り込め詐欺防止を呼び掛けた。

 同市内では今年に入って自転車事故が多発しており、特に中央区は県内最多の205件が発生(13日現在)。相模原南署の泉山栄治署長が現状を説明し、南区役所地域振興課の手嶋唯さん(24)に一日警察署長を委嘱した。

 手嶋さんは「暑い中、皆さんとともに交通安全を呼び掛けていきたい」と宣言した。

 同スタジアムでは午後3時から女子サッカーなでしこリーグカップ第8節、ノジマステラ神奈川相模原とジェフユナイテッド市原・千葉レディースの試合が行われた。

 参加者は観客らに交通安全を呼び掛けるうちわ千枚を配布。試合前にはフィールドで県警音楽隊・カラーガード隊がドリル演技を披露し、観客から大きな拍手を浴びた。