ここから本文です

グロージャン「ハミルトンが妨害してない? ダブルスタンダードは許されない!」ハースF1 イギリス土曜

7/16(日) 15:43配信

オートスポーツweb

 2017年F1イギリスGPの土曜予選で、ハースF1のロマン・グロージャンは10位だった。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)は妨害行為なしという裁定により、ポールポジションを維持

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 予選=10位
 10番手にはまったく満足していないよ。Q3最初の走行では最終コーナーでルイス・ハミルトンに妨害され、コンマ3秒も失うことになった。あれで少なくとも、ひとつはポジションを失ったね。

 2回目の走行はうまくいくと思ったのに、ターン3で突然リヤがロックして、コンマ5秒ロスした。それをその周のうちに取り戻せたから、実際にはもっとパフォーマンスがあったはずなんだ。

 最初のアタックを最終コーナーで台無しにされたことに、大きな不満を感じている。それ以外ではうまくやっていたし、いい仕事ができていた。Q3進出は素晴らしいことだけど、もっとずっとうまくやれたはずだから、少しがっかりしている。

(スチュワードがハミルトンは妨害していないという判断で不問に付したことについて)ひとつのコーナーで0.3秒から0.4秒を失っているのに妨害していないというのは驚きだね。

 これが他のドライバーなら、何か罰が下っただろう。決定に2種類あるように感じる。

 タイトル争いが重要なのは分かっている。でも、僕らはコース上で上位のドライバーに懸命に挑んでいるんだ。そして今日、妨害された。

 次回は妨害されているってことを証明するために、フロントウイングを彼のリヤディフューザーに近づけなきゃならないな。

 予選には明確なルールがある。Q3では10台のマシンが同時に走る。こういう問題があってはいけないんだ。

[オートスポーツweb ]