ここから本文です

石津が入った直後にV弾!福岡が天皇杯の敗戦を払拭…一方の群馬は泥沼7連敗

7/16(日) 21:03配信

ゲキサカ

[7.16 J2第23節 群馬1-3福岡 正田スタ]

 アビスパ福岡はザスパクサツ群馬に3-1で勝利し、2試合ぶりの白星を飾った。一方の群馬は、泥沼の7連敗を喫した。

 均衡を破ったのは福岡だった。前半11分、センターサークル付近でMF山瀬功治がボールを奪うと、MFジウシーニョがドリブルから左足ミドル。外から巻いたシュートがゴール左に吸い込まれ、福岡が幸先よく先制した。

 なかなかチャンスを作ることができない群馬は、後半31分にFW高井和馬とのワンツーからFWカン・スイルがゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定。35分には、PA左手前からMF阿部巧が左足を振り抜いたが、枠を捉えきれず前半のうちに同点に追いつくことはできなかった。

 それでも群馬が後半の立ち上がりに試合を振り出しに戻す。8分、MF高橋駿太が右CKから高い弾道のボールを入れると、DFパク・ゴンがヘッドでつなぎ、ゴール前にいたFW岡田翔平が右足で押し込み、1-1。試合を振り出しに戻した。

 切り替えたい福岡は後半17分に2枚替え。MFジウシーニョとMF松田力に代えてFW坂田大輔とFW石津大介をピッチに送り込む。すると直後の18分、右サイドからDF岩下敬輔がロングスローを放り込み、FWウェリントンが胸で落としたボールを入ったばかりの石津が左足で流し込み、2-1と勝ち越しに成功した。

 群馬は後半30分、石津のドリブルをファウルで止めたMF岡庭裕貴がこの日2枚目のイエローカードを受け、退場。GK牲川歩見のファインセーブで耐え凌いでいたが、セットプレーから福岡に決定的な3点目を許してしまう。数的優位の福岡は35分、左CKからこぼれたボールを岩下が右足で流し込み、3-1。12日に行われた天皇杯・筑波大戦(1-2)の敗戦を払しょくした。

最終更新:7/16(日) 21:03
ゲキサカ