ここから本文です

大宮東、攻撃のタイムで揺さぶり接戦制す/埼玉

7/16(日) 12:55配信

日刊スポーツ

<高校野球埼玉大会:大宮東4-1鷲宮>◇16日◇3回戦◇大宮公園野球場

 大宮東が接戦を制し4回戦進出を決めた。

【トーナメント表】埼玉大会 組み合わせ

 2-1の7回、執念で2点を追加し試合を決めた。1死三塁からまずは1回目の攻撃のタイム。河西竜太監督は「2回にスクイズを外されました。スクイズのサインが相手にばれているのが分かったので『スクイズのサインを出すけど、打て』という指示を出しました」。すると相手バッテリーがウエストボールを4球投じ四球。一、三塁から2度目の攻撃のタイムを取ると「いろんなサインを出すけど、打て。ゴロが転がったらゴー」と選手に指示。3番辻大誠外野手(3年)が作戦通りボテボテの遊ゴロを放ち貴重な3点目。その後敵失も絡みもう1点を奪った。

 守ってはエース菅原隆史投手(3年)が3安打1失点完投。「今大会のチームのテーマは『我慢』。その通りの投球が出来たと思います」と話した。プロ注目のスラッガー、4番緒方康貴内野手(3年)は1回に先制の適時三塁打を放った。

最終更新:7/16(日) 13:39
日刊スポーツ