ここから本文です

V候補東陵が初戦辛勝「苦しい試合」千葉監督/宮城

7/16(日) 18:16配信

日刊スポーツ

<高校野球宮城大会:東陵6-4大崎中央>◇16日◇2回戦◇Koboパーク宮城

 優勝候補の一角、第2シードの東陵は、接戦の末に初戦を突破した。

【スコア一覧】16日の宮城大会結果

 2回までに4点のリードを奪ったが、雨は強まるにつれて、大崎中央打線にエース右腕佐藤瑞輝(3年)が捕まり、一時1点差に詰め寄られた。だが8回裏に9番三谷玲温捕手(3年)の中越え適時二塁打で突き放した。

 千葉亮輔監督(46)は「スコア以上に苦しい試合だった。瑞輝は調子は悪かったと思う。ただ崩れそうで崩れなかった。打たれましたけど、持ち味は出せた」と語った。佐藤瑞は「ボールがぬれていたので、自分の思うようなピッチングができなかった。雨だから投げられないというわけではなく、今後につなげていきたい」と話した。

最終更新:7/16(日) 18:29
日刊スポーツ