ここから本文です

北島康介氏、マスターズ出場は「今は1ミリもない」

7/16(日) 18:40配信

日刊スポーツ

 競泳で4つの五輪金メダルを獲得した北島康介氏(34)が16日、マスターズ水泳での“現役復帰要請”に首を横に振った。日本マスターズ水泳選手権が行われた大阪・門真市の東和薬品ラクタブドームに、イベント参加のため来場。サイン会では50人の抽選当選者だけでなく、多くのファンの視線をくぎ付けにした。

【写真】トレーニング講座を行った北島康介氏

 4日間で約5000人が参加する大会の熱気を肌で感じた北島氏は「水泳は相手との戦いもあるけれど、己との戦いの部分が強いと思う。こんなにもたくさんの方が貪欲にやられている」。敬意を示した上で、会場でちらほらと聞こえた現役復帰熱望論にふれた。

 「『マスターズの試合に出ないのか』という声はたくさんいただいています。とりあえず、水の中に入ったら負けず嫌いが出るんですよね…」

 少し間をおくと「そのときが来れば…」と前置きしつつ、「『今出たい』っていう気持ちは1ミリもありません!」と笑顔で否定した。

 マスターズ水泳は「健康・友情・相互理解・競技」をモットーとし、日本では18歳以上を5歳ごとに区分し、年齢別で競技を行っている。この日は実技を組み込みながらスイマーと交流するイベントもあり「普段から水泳に情熱を注がれている方々に、少しでも(トレーニングを)伝えられたらと思いました。こういうきっかけで、(もっと)水泳にのめり込んでもらえれば」と積極的に活動した。

最終更新:7/16(日) 19:26
日刊スポーツ