ここから本文です

作者自身が披露「箕面紙芝居まつり」 家族連れら楽しむ

7/17(月) 7:55配信

産経新聞

 手作りの紙芝居を楽しむ「箕面紙芝居まつり」が16日、大阪府箕面市箕面の市立メイプルホールなどで開かれ、大勢の家族連れでにぎわった。

 市非営利公益市民活動団体「人と本を紡ぐ会」の主催で、29回目。前日までに行われた「箕面手づくり紙芝居コンクール」で全国の小学生から70代までの「アマチュア紙芝居作家」から寄せられた136作品を審査し、この日は入選を含む約100作品が作者自身で次々と披露された。神話や民話をヒントにしたもの、平和を考えるものなど多彩な作品がそろい、作者は訴えたいことを大声でアピール。笑い声や拍手が飛び交った。

最終更新:7/17(月) 7:55
産経新聞