ここから本文です

『ストリートファイターV』レッドブルアスリートのボンちゃんは伝説を築けるか? EVO2017大会2日目リポート【EVO2017】

7/17(月) 4:03配信

ファミ通.com

文・取材・撮影:編集部 豊泉三兄弟(次男)

●初戦敗退からの優勝という伝説を築けるか!?
 アメリカ・ラスベガスにて、2017年7月14日~16日(現地時間)の3日間開催中の格闘ゲーム世界大会“EVO2017”。この大規模な大会に挑むレッドブルアスリートのプロゲーマー・ボンちゃん選手の密着取材2日目の様子をお届けする。

●Round2トーナメント
 既報の通り、初戦黒星スタートというまさかの出だしとなったが、その後4連勝で約2600人が512人まで絞られるRound1トーナメントを突破。そして、1度も負けられない戦いは大会2日目も続くことに。

 初日に腹痛でペースを乱したことを反省したボンちゃんは、この日は念入りに体調管理を行って会場入りしたそうだ。まずは64人まで絞られるRound2トーナメントを勝ち抜くためのノルマは、6連勝。このプールでボンちゃんがもっとも警戒していたのは、Filipinoman選手(春麗)。『ストリートファイターV』になってからは大規模大会で名前を聞くことは少なったものの、過去のEVOで上位入賞を果たしたことのある猛者で油断はできない。

 1試合目はベガ、2試合目はいぶき、3試合目は日本のLingo選手(ケン)、4試合目はかりんを撃破して順当に勝ち上がり、予想通りFilipinoman選手との試合に。2試合先取制の3試合目までもつれ込む接戦となったが、なんとか2-1で勝利。「Filipinomanはやっぱり強かったですね。でも対戦相手が強くなるにつれて、自分の動きもよくなっているのでこのあともいけそうです」と試合後に力強いコメントを残していた。

 続く、Round2トーナメント最終試合は、若手(?)と思われるバイソン使いのプレイヤー“Bruce”選手。ボンちゃんは以前のインタビューで「海外はバイソンのレベルが高い」と語っていたが、危な気なくストレートで下していた。これについては「ここまで来ている選手なので強いとは思いますが、相手はおそらく大会経験が少なく、かなり固くなっていたと思います。さすがにあそこまで動けていないとまあ負けないですよね」と、経験の差が出たようだ。ここまでで10連勝を飾り見事Round2トーナメントを突破。TOP64入りを果たした。

●Semi-Finalトーナメント
 ボンちゃん選手は、初日の初戦黒星スタートから、最終日に残ることのできるTOP8を選出するSemi-Finalトーナメントまで勝ち上がってきた。強豪しかいないであろう“ボスラッシュ”で6連勝すれば、TOP8に残ることができる。初戦で負けてから優勝した場合、おそらく前人未到の記録を達成することになる。これについてボンちゃんは「初戦負けしたことで、伝説を作るチャンスが生まれたと思っています。ここから6連勝を決めて伝説を残します」と、初戦の躓きを前向きにとらえていた。

 また、「このプールで当たりたくない相手は?」とボンちゃんに伺ったところ、「トーナメントが進行してみないとわかりませんが、801 Striderのララとウメさんのガイルは正直自信がないですね。最後にはおそらくMOVが来るでしょうし、さすがEVOといったかなりきびしい戦いになることは間違いないでしょう」とコメント。

 初戦のベガ戦は2-0と危な気なく勝利を収める。続くBig Bird選手との試合はさきにリーチをかけられる苦しい展開となったが、なんとか逆転勝利。思わずガッツポーズも飛び出していた。

 その後のBrolynho選手は、複数キャラクターを使いこなす強豪で「誰を使うかがわからないところが怖いですね。ひょっとしたらいぶきかも……?」とボンちゃんは予想していたが、相手が選択したのはベガ。予想外のキャラクターだったが、初戦とは違いかなり動きがよくなっているため問題なく撃破。その後に相手はネカリにキャラクターを変更、フルセットまでもつれ込んだものの、最後はなんとか勝利。試合後に「最初からネカリを使われたらおそらく負けていましたね。そのくらい強いネカリでした」とボンちゃん。

 その後は、もっとも警戒していたプレイヤーのひとり801 Strider選手のララ。ふたを開けてみると、相手にチャンスを与えない立ち回りで、ストレート勝ち。


 あと2勝でTOP8のところまで勝ち上がったボンちゃん。ここでアメリカの英雄ジャスティン選手対ウメハラ選手がメインスクリーンに映し出されると、「この負けたほうとつぎやるんで、ここは申し訳ないけどジャスティンにがんばってほしい(笑)。ウメさんが負けても俺が仇を取ればいいので(笑)」と、まさかのジャスティン選手を応援。結果、つぎの対戦相手はジャスティン選手に。かりん戦は自信があると言っていた通り、ボンちゃん選手が先制。その後キャラクターをエドに変更してきたジャスティン選手に巻き返されそうになるものの、なんとか勝利を収めた。
※ボンちゃん対ジャスティンは↓の動画44:00~

 そして最後のMOV選手戦。試合までの間に、床に座って休憩していたところ、筆者は疲れと時差のせいなのか急激な睡魔に襲われてしまった。「ボンちゃんはどうなのだろう?」と思い尋ねてみたところ、「体力的には疲れているので、こうやって休憩するのが大切なんです。でも集中は切らしていないので眠気はありませんし、つぎの試合が最後なので全力で勝ちにいきます」とボンちゃん。さらに、「春麗戦はシーズン1でしっかり向き合ってきたので、対策はバッチリです」と続けた。しかし、MOV選手の春麗はひと味違い、惜しくもボンちゃんはTOP8の直前で敗退。結果は9位タイでフィニッシュとなった。
※↓の動画19:00~ボンちゃん対MOV

最終更新:7/17(月) 4:03
ファミ通.com