ここから本文です

白鵬、全勝ターン!9日目に史上2位の通算1045勝決める/名古屋場所

7/17(月) 7:00配信

サンケイスポーツ

 大相撲名古屋場所中日(16日、愛知県体育館、観衆=7580)白鵬が宇良を一蹴のすくい投げ。自身が持つ歴代1位の中日勝ち越しを「43」に伸ばし、元大関魁皇の持つ歴代1位の通算勝利数(1047勝)まであと3勝。同2位(1045勝)の元横綱千代の富士には、9日目にも並ぶ。

 この日の朝稽古、親交のあるトヨタ自動車の豊田章男社長(61)が見学に訪れた。大相撲が野球賭博問題に揺れ、日本相撲協会が協会外の表彰を全て辞退した平成22年の名古屋場所。優勝しながら天皇賜杯を抱けなかった白鵬に2日後、特製のトロフィーを贈ったのが豊田社長だった。

 「体が変わった。また成長した感じ。あと5年はやってほしい」。自動車界の“横綱”からの熱烈エールに盤石の8連勝で応えた。単独トップに立って意気揚々の横綱は「当然でしょう」とニヤリと笑った。